自筆証書遺言が無効になるトラブルに注意します。

遺言というのは基本的にいつどこで作成してもいいのですが、いわゆる自筆証書遺言の場合は、用紙や書き方は基本的には自由とはいえ、こうなっていないと法律上無効になるというルールがいくつかあります。
ルールが守られていないとその遺言に効果がなくなり、その後の相続にトラブルが生まれてしまいますので十分気をつけて書くようにします。
有効になる条件はまず、全文自書であることです。
最近は文書の多くがワープロ書きですが、自筆証書はそれは認められていませんので、必ず自分ですべて筆記します。
音声の録音、映像での録画などの形式はもちろんだめです。
次に、日付がはっきりしていることです。
日にちが曖昧ですとそれだけで無効になってしまいますので、日付、署名、押印はきっちりしておきます。
なお夫婦で揃って子や孫へ宛てて作るという可能性も考えられますが、署名欄が夫婦連名のものは現在無効とされています。
書き終わると封筒に入れて封印します。
内容を訂正したところにも訂正印は不可欠ですし、押印にも十分注意しておきます。