最新記事

遺産相続は故人の財産を法で定められた法定相続人が決められた配分で相続します。
遺産は金銭といったプラスの物だけでなく借金等のマイナスの物も含まれます。
法廷相続人になれるのは配偶者と子供です。
故人が独身で子供がいない場合は親、次に兄弟姉妹が対象となります。
基本的な遺産の分配は配偶者が半分、残り半分を子供が等分します。
相続トラブルを防ぐ為には被相続人が事前に家族と話し合う事が一番ですが、他にも重要な事があります。
それは遺産を残したい人の法的な条件を満たす事です。
例えば、配偶者と内縁関係ならば法的な夫婦となる、再婚相手の連れ子は養子にする等です。
一方、相続の例外は遺言書がある時です。
これは故人の意向ですので法的効力がありトラブルを未然に防ぐ効果があります。
例えば介護をした子供に家と土地を譲りたいならその旨を具体的に書き記します。
遺言書は法律で決められた条件を満たしていないと無効になるので弁護士や行政書士等に相談して下さい。

顧問先を黒字にする税理士【小牧市】

婚前契約書の費用は?

人材派遣会社の方はぜひweb勤怠管理を導入してください

関東の中小企業様の味方

交通事故の後遺障害に関する相談なら横浜のこの事務所へ
後遺障害の等級に唖然とされた方はぜひご相談を